FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/23 (Sat) 序章-7話 給餌

お子たちのお腹(の栄養分)は2、3日もすると小さくなっていきます。
そうなると今度は自力で食べにゃぁならないわけで、
ここで小さな小さな競争が始まります。

一番乗りだーれだ?

えさやりのおばちゃんは買ってきたよ、君たちのために。
案外結構高いのね、量の割りに、、、
大人用のフレークを細かく、いや、ゴマすり機ですりまくったくらい
ちぃさくなったフレーク、容器には稚魚用と書いてあった。
原料はだいたい一緒なんだけど、たんぱく質やらの栄養のパーセントが
少し違うのです。小さいうちは栄養分高くして早く大きくならないとね(^_-)-☆
しかしあげても彼らはエサの存在になかなか気づいてくれないんですねー。

このままではエサが腐ってばかりだから、相談に行こう。
そしてお世話になっております、近所の観賞魚店の店主さまのもとへ。
聞いてみると、なんと出ました。やっぱり(゜_゜)
そうだろうな、はい、きっとそうだろうとは思っていました
…生餌=「ブラインシュリンプ」
 
分類的にはシーモンキーと同じ小さな甲殻類です。
今はなき?学研の「科学と学習」で卵からシーモンキーを孵したこと、
昭和生まれでしたら多くの方が経験あるのではないでしょうか。 
私もやったようなやらなかったような、“カブトエビ”だけはしっかり覚えているんですけどね。

28度前後の約3%の塩水にエアレーションをかけ、約1日経つと孵化します。
 序7-1
この装置は市販のもので安価ではありませんが、人によっては
ペットボトルなどを使って自作することも十分に可能です。
その孵化したのを金魚ベイビーに与えます。

序7-2
あ~、このブラインたち孵ったら一所懸命生きている、、、(T_T)
ビール酵母なんか入れて飼ってみちゃった、ら、最後。
育っていくにつれ、目がくるっと黒くてかわいい。 
そして、その後はまた今度書くことにします。

金魚ベイビーたちはたくさんの数ですので、やはりうまく殻から抜けずに
うまく成長できずに、この世を去る子もいました。
それは自然がさだめた運命、この時点を人間の手で救うことはなかなかできません。
 序7-4   序7-3

少し育っても体に大きな奇形があると大きくなるのは困難です。
そのまま寿命を全うしてしまいます。
序7-5 

死ぬという概念がないと言われいているこの子達は死ぬまで生きます。
見習うべきですね。

大きく育った子はいるのでしょうか。報告しますね、次回までお待ちください~ぃ。

スポンサーサイト

序章 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

わたし。

Author:わたし。
わたし♀は金魚が好きで、
金魚水族館をしています。
金魚を知ろうと動き始めました。
なんでもいい、なりたいんです。
金魚博士でも金魚先生でも金魚師でも

何年後にわたしは金魚の何をしているだろう。
りっぱな官庁、いや浣腸、いえ館長。。。^m^?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ぎょっちゃん 龍宮城バージョン

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。