--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/02 (Wed) 序章 -6話 隔離

キン太が卵を産んだことを観賞魚店の店長さんに告げた。
店 「そらー、食べちゃうよ。」
私 「えーっ、、、」
店 「だからさ、水草に産んだ分だけでも隔離してごらん。」

さっそく戻って私は水草に、水温計に、ついた卵を隔離をした。
少し網でもすくってみたものの、どんだけ食べられちゃいましたでしょうか。。。

0097.jpg  0098.jpg

なんか白いつぶつぶですけど、なにか?
という状態が何日も続いた。

白いと思っていたつぶつぶは、いつしか黒っぽくなっている。
よーくよーく見ると、テンテンと目玉っ!
目玉が見えるぅ~。
かぁーわいいでないですかぁ。ナニコレ。

隔離した水槽は掃除するべきかしないべきか。
いまいちわからず、なんかどんどん濁ってきてます。
卵にカビ生えてるのもチラホラ。

そして6日後?いえ、正確には5日後になるのかな、丸い殻の中で
クルッとクルクルッと動いたか思うと、ピヨーン!
生まれたぁ。
わぁ、見ちゃった見ちゃったよ、瞬間を~!

0119.jpg

なんじゃこれ。
かわいいー、まっ黒ん子。
真っ赤な金魚色はどこへやら。。。

0112.jpg  0118.jpg

とにもかくにも、この子らはおなかに養分を持っていて2,3日は何もあげずに
おなかの養分だけを糧に生きていくそうです。
私の役目はそれが終わってから。
ある意味でも、ある意味でなくても過酷な戦いが始まります、きっと。

子供のための食べ物について、ちょっと勉強してまいります。
タイムリミットはあと2日。

今はピヨンピヨーン泳いでは、水槽壁面で休憩、底面で休憩してる子ら
まだ殻にいる子らの誕生を観察して楽しみたいと思います。

それではのちほど~。
しーゆぅー!

スポンサーサイト

序章 | trackback(0) | comment(0) |


<<序章-7話 給餌 | TOP | 序章 -5話 産卵>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://newkingyo.blog10.fc2.com/tb.php/9-060db3a7

| TOP |

プロフィール

わたし。

Author:わたし。
わたし♀は金魚が好きで、
金魚水族館をしています。
金魚を知ろうと動き始めました。
なんでもいい、なりたいんです。
金魚博士でも金魚先生でも金魚師でも

何年後にわたしは金魚の何をしているだろう。
りっぱな官庁、いや浣腸、いえ館長。。。^m^?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ぎょっちゃん 龍宮城バージョン

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。